産後骨盤矯正

産後骨盤矯正に関する悩みはありませんか?

いつまでもキレイな「お母さん」でいたい。

  • 産後の肩こり、頭痛
  • 出産後、O脚がひどくなった
  • 尾骨や恥骨、骨授乳盤周りが痛い
  • 赤ちゃんの抱っこやで肩や背中に痛みが出て辛い
  • 歩けないほどの脚の痛み

産後に骨盤はなぜ歪むの?

産後に骨盤が歪む画像

つなぎ目のゆるくなった骨盤+悪い姿勢の習慣
骨盤が歪むといっても、骨そのものが変形することはありません。骨盤の周りの筋肉が不均衡につくため筋肉につながる骨が引っ張られ、骨盤を構成する骨が正しい位置に収まることができなくなります。この状態が「骨盤がゆがんだ」状態です。

骨盤が開いた状態で放置すると?

脂肪がつきやすい体質に・・・
骨盤が開いた状態で放置すると、何年か何十年すると、脂肪がつきやすい体質になったり、内蔵機能が低下し骨盤内臓器の症状、慢性的な腰痛や坐骨神経痛などを引き起こします。。
また、骨盤が広がることで「お腹やお尻周りに脂肪が付きやすく」なります。そして姿勢も丸く猫背と悪くなり、これに並行して垂れ尻の原因や、お尻・ウエストが自然と大きくなってくることもあります。

いつ頃より矯正できるか

産後2~3カ月頃をお勧めします。
産後の骨盤矯正が何故必要か、そして求められているか、出産後の開いた骨盤を直すことで周りの筋肉が本来もっている力を取り戻させることが可能になるからです。きちんとした場所に筋肉、骨盤、内臓等がないと体重が増え、どんどん体型が崩れて元に戻りません。勿論代謝も下がります。本来の場所に戻してあげることが一番大事です。
産後1ヵ月後の検診時に母親の子宮の収縮が認められれば、産後約2ヶ月より当院で骨盤矯正ができます。時間があまりなく早く骨盤矯正を受けたい人などは、1ヶ月検診で子宮の収縮が認められ主治医と相談して許可がおりれば大丈夫です。

骨盤矯正はどこで受けたらよいの?

産後骨盤歪み矯正

専門的な知識と経験を有します。
骨盤矯正は「骨格の矯正」です。普段から骨格の矯正を行っている整骨院は豊富な知識と経験を積んでおります。
骨盤矯正は整骨院で受けて下さい。
「骨格矯正」の技術のないリラクゼーション整体や美容系サロン、低料金が売りのところはオススメしません。。

なぜ、その骨盤矯正法が良いのか

機能回復に重点を置いた施術
妊娠中は3キロ、4キロもある赤ちゃんがお腹に入っているので、骨盤にかなりの負担がかかります。
そうすると、骨盤が歪みやすくなります。
そして、出産時には恥骨が大きく開き、赤ちゃんが産まれてきます。
通常は、出産後骨盤を閉じるホルモンが体内で分泌され、自然に骨盤が閉じていきます。
しかし最近では仕事があり産後ゆっくり休めないことや、ストレスなどでこのホルモン分泌がされにくいケースが多いです。
そのため、産後骨盤を閉じるための骨盤矯正が有効なのです。

産後骨盤矯正のアフターケア
産後骨盤矯正後は産後すぐが勝負!美しいプロポーションを取り戻すチャンス!
産後間もない頃(約1ヶ月)は、リラキシンというホルモンの働きにより、関節がゆるくなっています。
この時期は確かに骨盤がゆがみやすく不安定な時期でもあるのですが、逆に言うと、身体のゆがみを治すチャンスでもあります!
佐倉四街道市整骨院で、出産で開いてしまった骨盤やずれを元に戻すことにより、美しいプロポーションを取り戻しましょう!
産後骨盤矯正ならお任せください!

施術の流れ

  • 1.受付

    施術の流れ_1受付

    問診票の記入をお願いします。

  • 施術の矢印
  • 2.カウンセリング

    施術の流れ_2カウンセリング

    問診票を元に、詳しく症状などについて質問させて頂きます。

  • 施術の矢印
  • 3.検査・説明

    施術の流れ_3検査・説明

    症状により簡単な検査、身体全体の検査等を行います。

  • 施術の矢印
  • 4.施術

    施術の流れ_4施術

    あなたの症状に合わせて、オーダーメイドの施術をします。

  • 施術の矢印
  • 5.今後の施術方針

    施術の流れ_5今後の施術方針

    今後のアドバイス、アフターケアなどについて説明します。

  • 施術の矢印
  • 6.お大事に

    施術の流れ_6お大事に

    どうぞお大事に。

受付の流れ

  • 1.お電話ください

    予約の流れ_1

  • 予約の矢印
  • 2.予約時間をチェック

    予約の流れ_2

  • 予約の矢印
  • 3.来院

    施術の流れ_3